マンションを賃貸に出すには

投資に対して新築は確かに魅力的

自撮り写真

また、新築を選ぶか中古を選ぶかですが、新築は確かに魅力的でした。ですが、ある程度経験がある人はまだ誰も住んでいない新築でも問題ないみたいですが、私みたいな投資に対してズブの素人がいきなり値段が高く入居するかどうかもわからないような新築を買っても大赤字になってしまったら目も当てられませんし、その後の生活がどうなるかという不安がありました。私は奥さんと子供が2人いますので、投資でコケている場合ではなかったのです。そこで、利回りはたいしたことなくてもまずは投資の勉強という意味で出来るだけ中古の安い物件を選びました。

実際に購入する場面

パンダ写真

ある程度物件が決まると、実際に購入する場面になりますが、その物件を買うまでのお金が貯まっていなかったのでローンを組むことにしました。ローンは住宅ローンと異なり、不動産投資ローンと呼ばれる物です。不動産会社の担当者から聞いた話では、審査はあるけども、住宅ローンの時の審査とは違い、事業の採算性や投資した時の可能性などが重要視されると言うことでした。住宅ローンと比べると不動産同士ローンの方が審査が厳しいと言うことですが、もともと安いワンルームマンションを購入する予定でしたのでそれほど大きな額を借りる訳ではないため大丈夫だだろうとお墨付きをもらっていました。 不動産投資ローンは無事に通り、ワンルームマンションを購入することができました。 ワンルームを購入した後は、とにかく空室を出さないことに徹することです。空室が出た時期でも焦らずに対応することが大事になります。また、すでにそこに人が入居している物件でも途中で解約する借主もいますので、事前にその場合のシミュレーションを組んでおくとそれほど焦らずに済みます。実際に私が賃貸に出した後1年後にはその部屋を退去して2,3ヶ月は空室でしたが、待っていればまた入居者が出ることがわかりました。 投資をするとなると、大もうけするイメージがあるかもしれませんが、始めからたくさん儲けようとすると失敗したときにかなり痛手になりますで、最初はわずかでもいいので収益を上げることを目的とするべきことを学びました。


☆TOP☆